Menu

動物看護師ノート

Home

看護ノート

M.マミちゃん

最初に行った病院で、ひどい嘔吐のため診察を受け、消化管内異物の疑いもあり、転院。
次の病院でも消化管内異物の疑いで継続治療しましたが改善がなく、内視鏡での異物摘出依頼で、その病院からの紹介で来院されました。嘔吐も激しく、確かにレントゲン写真では、多量のガスが見られ、内視鏡検査しましたが、異物は発見されませんでした。ただ、胃の入り口の所にひどく腫れている部分があり、腫瘍の疑いもあったので、十二指腸から胃の内部まで数カ所バイオプシーを行いました。念のため、小腸から結腸にかけては、造影検査を行いました。
幸い組織の検査結果は大丈夫で、造影検査も問題はありませんでした。数日の入院治療により、元気に退院しました。
紹介の先生も、一緒に喜んでくれたそうです。
良かったね♥ おめでとう!