Menu

レーザー(CO2・半導体・CTS-S)治療

Home

一歩進んだホームドクター

炭酸ガスレーザー・半導体レーザー・CTS-Sレーザーの治療

レーザー治療

レーザーとは、非常に高いエネルギーをもった人工の光です。
レーザー治療とは、この光を利用した様々な治療に役立つ最新の治療法です。


当院では、体表腫瘤、口内炎の蒸散、止血等に使用し、切除の際に痛みが少ない炭酸ガスレーザーと、切開、止血、蒸散、疼痛緩和、抗腫瘍に関する効果などの特性があり、様々な用途に使用できる半導体レーザーと、疼痛緩和、浮腫軽減、組織修復、治癒促進するCTSレーザーを使用しております。

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)の特徴

切除の際に出血が少なく安全な手術が行えます。
●傷の治りが早く、痛みの少ない手術が行えます。
無麻酔でも痛みの少ない処置が行えます。
●体への侵襲が少ないため、多くの手術で日帰りや短期間での退院が可能になります。
●体表腫瘤、口内炎の蒸散、止血等に使用します。

CTS-Sレーザーの特徴

●CTS-Sレーザーは810nm 980nmの2種類の波長のレーザーが細胞に作用し、疼痛緩和、浮腫軽減、組織修復、治癒促進といった効果を期待できます。

半導体レーザーの特徴

レーザーサーミア
レーザーを用いてハイパーサーミア(温熱療法)を行うことです。
熱に対して正常細胞は44℃から生存率が下がります。一方、腫瘍細胞では42℃から生存率が低下します。
このことから、患部を42~44℃に保つことにより、正常細胞には影響を与えずに腫瘍細胞を破壊することができます。
侵襲性がほとんどないので、全身麻酔や手術が困難な症例に適応できます。
腫瘍を体内から完全に除去することはできませんが、腫瘍の大きさを縮小、延命、QOL(生活の質)の向上が期待できます

レーザーとICG修飾リポソームを用いた次世代がん治療(千葉大学・鳥取大学との共同研究)

レーザー治療

今日に至るまで扁平上皮癌、メラノーマ、肺転移症例等の難治性腫瘍に対する有効な治療法はありませんでしたが、ICG-Lipoを血管内投与し、半導体レーザーを患部に連続照射することによって、治療を期待する次世代のがん治療です。
この理論は次の通りです。腫瘍血管の血管内皮細胞は正常組織の血管内皮細胞に比べて、その整列が不均一であることが知られています。そのため、正常血管内皮細胞間隙からは漏出しない粒子(20-200nm)でも血管外に漏出します。
その結果、腫瘍組織内に粒子が蓄積していきます。現在、細胞膜と同じ材料で作られた小さな気泡(小胞)、すなわち“リポソーム”をこのような粒径にして、血管内に投与し、病変部に運ぶ研究が進められています。2010年、千葉大の田村先生らは、このリポソームの膜にICGを結合させることに成功しました。
本剤は通常のICGに比べて腫瘍により蓄積することが動物実験で確認されています。ICG-Lipoが腫瘍に蓄積した段階で光照射しますと、温熱療法光線力学療法の実施により、治癒効果が上がるお報告されております。さらに、リポソーム内に、抗がん剤等の種々の物質を内包させることにより、より効果的ながん治療が期待でき、治癒症例の報告がされています。

ロータリーハンドピース法

ロータリーハンドピース法
体外からレーザーを照射する方法です。
半導体レーザーは浸透性が高いので体内にまでレーザーが届きます。表面温度が熱くなりすぎないようにグラスファイバーを回転させ、保冷剤も使用して照射します。
腫瘍の発生部位によりますが、通常は無麻酔で実施可能です。腹腔内、胸腔内、体表など様々な部位に適応できます。

疼痛緩和
関節痛などを疼痛緩和温熱法により痛みを和らげます。

広拡散プローブ法

広拡散プローブ法
腫瘤に針を刺して、中心部からレーザーを照射する方法です。
部位によりますが、体表の腫瘤であれば局所麻酔で実施可能です。
胸腔内や腹腔内の腫瘤の手術において切除が困難である
判断した際に、切除以外のもう一つの治療として行うことができます。

光線化学療法
抗がん剤の中には温度が高い環境で活性が高くなるものがあります。
そういった抗がん剤を腫瘤に直接注射して、レーザーサーミアを行う方法です。
また、レーザーを照射すると熱を生じる特殊な色素も同時に注入することで、より効果が得やすくなります。

蒸散
80~100℃以上の高温領域で温熱療法をおこなうことです。イボや体表上の小さな腫瘤に対して行います。
動物の性格や発生部位によりますが、無麻酔でも実施可能です。