和歌山動物医療センター 西川動物病院

和歌山県岩出市の西川動物病院では犬、猫、小動物の予防接種、去勢手術を行っています。

診療案内
HOME >  診療案内  > 避妊と去勢(犬・猫・うさぎ)

避妊と去勢について(犬・猫・うさぎ)

  • 犬・猫の避妊・去勢のメリット
    避妊・去勢のメリット

    動物の病気や怪我には繁殖行動や、
    性ホルモンに関係しているものが多くあります。
    避妊・去勢手術により多くの病気および外出することによる怪我や、
    交通事故が軽減され、より健康に長生きすることができます。

    また、避妊・去勢手術をした動物は
    一般的に落ち着いた穏やかな性格になり、飼いやすくなります。

オスの場合

● 落ち着いた穏やかな性格が期待できる
● マーキング、吠え声、ケンカ、脱走などの問題行動の軽減
● 前立腺肥大、精巣腫瘍、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアなどの予防

メスの場合

● 発情時の鳴き声、攻撃性、脱走などの問題行動の軽減
● 周期的な性格の変化がなくなり、安定する
● 子宮蓄膿症の発症予防、乳腺腫瘍を、初回発情前に避妊手術をすれば、激減させることができます
  • うさぎの避妊去勢手術について
    うさぎの避妊去勢について

    うさぎは、一年中発情があり、妊娠期間に1ヵ月で4~10匹の子供を出産します。
     オスうさぎで4~10ヵ月令、メスうさぎで6~10ヵ月令で発情交尾が始まります。

避妊去勢手術のメリット

● 尿スプレー、ケンカの抑制
● 繁殖防止
● メスのうさぎは中年になると、非常に高率で子宮腺癌、卵巣腫瘍、子宮蓄膿症、子宮水腫などが発生します。

  当院では、生後6ヵ月前後から避妊手術をお勧めします。

避妊去勢手術のデメリット

● 人間と同様に麻酔の危険性はどうしてもあります。
   (犬・猫と比べて特別に危険というわけではありません。)
●肥満する子がなかにいます。