和歌山動物医療センター 西川動物病院

和歌山県岩出市の西川動物病院では犬、猫、小動物の予防接種、去勢手術を行っています。

治療について
HOME >  治療案内  > 電子内視鏡

治療について

  • 一歩進んだホームドクター

    当院は、動物を愛する皆様と動物たちとのより幸せな生活を守るために世界の獣医学を学び続け高度な
    医療機器を備え医療面においても、人と動物に対する
    ケアにおいても、質の高いサービスを提供したいと願っております。

  • 電子内視鏡

    電子内視鏡

    内視鏡とは、先端にレンズのついた管を挿入し、主に消化管内をモニターで観察し、場合によってはその場で処置・治療をする医療機器です。
    レンズのついた細い管のことをビデオスコープ、それが接続されたモニターのついた本体のことをビデオシステムと呼びます。
    ビデオスコープは、直径1センチ弱の柔らかい管で、その先端は手元の操作で上下左右に動くようになっています。ですから、消化管のような曲がりくねったところにもスムーズに入っていくことができるのです。
    さらに先端には、レンズを通じて画像をとらえるための超小型高性能カメラ(CCD)や、 臓器内部の粘液や血液で先端レンズが汚れたときに水や空気を噴出して洗い流すノズル、 鉗子などの器具を入れるための穴などがあります。

  • 特長

    ●食道、胃、十二指腸、大腸の観察や粘膜組織の採取することができます。

    ●消化管内の異物(竹串、プラスチック、骨片など)を開腹手術せずに除去することが望めます。

    ●消化管以外の喉頭や膣内の検査、観察することができます。