和歌山動物医療センター 西川動物病院

和歌山県岩出市の西川動物病院では犬、猫、小動物の予防接種、去勢手術を行っています。

治療について
HOME >  治療案内  > 血液人工透析

治療について

  • 一歩進んだホームドクター

    当院は、動物を愛する皆様と動物たちとのより幸せな生活を守るために世界の獣医学を学び続け高度な
    医療機器を備え医療面においても、人と動物に対する
    ケアにおいても、質の高いサービスを提供したいと願っております。

  • 血液人工透析

    血液人工透析

    腹膜透析
    当院では、開院以来、皮下点滴、静脈点滴治療に 反応しない重度の腎臓疾患、急性腎不全では、
    自作の腹膜透析カテーテルを用いて、後年では米国からの専用の
    腹膜透析キットを用いて、
    腹膜透析を実施してまいりましたが、正常な腹膜と充分な血流が存在するものには、数多くの動物達に良い結果を得てまいりました。

    血液人工透析
    1989年に小動物用の血液人工透析器が開発されましたが、小動物特有の細い血管、安静の維持、高額な消耗品等の問題で、一般には広く普及いたしませんでした。そこで、当院では人工透析器を導入後、種々の創意工夫により多くの犬、猫達に適用してまいりましたが、症例によってはいい結果をみております。
    また、二号機として最新型の血液人工透析器も併せて活用しております。

  • 特長

    腎不全薬物中毒の際に、体内から毒性物質を取り除きます。

    急性腎不全、点滴治療に反応しない無尿乏尿(尿が少ししかつくれない)などでは、血液透析をすることで治癒効果を上げる可能性があります。

    肺水腫(肺に水が溜まる状態)の際に、余分な水分を体内から取り除きます。