和歌山動物医療センター

和歌山県岩出市の和歌山動物医療センターでは犬、猫、小動物の予防接種、去勢手術を行っています。

病院紹介

  • A.クゥちゃん

     飼主さんと釣りに出かけ、針がついたままの鯵を飲み込み、近くの動物病院で催吐処置を行いましたが、針は出てこなかったと来院されました。
     催吐処置をすると食道や胃に針が刺さってしまうと大変なので、当院では催吐処置はせずに、内視鏡で胃の中を調べました。その結果、胃粘膜に針がささっていることがわかりましたが、針は内視鏡で無事取り除くことができ、クゥちゃんはその日のうちに元気に退院されました。
    良かったね♥ おめでとう!


    *内視鏡についてはこちらをご覧ください。
    *超音波メスについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • I.メイちゃん

     前肢に小さな腫瘤ができて摘出手術のために来院されました。
     術前のレントゲン検査でお腹の中に大きな腫瘍も見つかりました。CT検査で摘出可能である事が分かったので、この腫瘍を摘出することになりました。超音波凝固切開装置を使い手術を終え、前肢の腫瘤も同時に切除しました。摘出した腫瘤は約7kgもあり, すっかりお腹はスマートになりました。術後、日に日に元気になり退院されました。
    良かったね♥ おめでとう!

    *CTについてはこちらをご覧ください。
    *超音波メスについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • K.コーちゃん

     以前から何度か尿が出にくい時がありましたが、今回は尿が全く出ておらず、食欲もないと来院されました。
     尿検査、血液検査等の結果、酷い尿毒症になっており、手術で尿が出るようにする必要がありました。ペニスも睾丸も摘出して雌猫ちゃんの様な外見になりましたが、手術後は尿も出るようになり元気に退院されました。
    良かったね♥ おめでとう!

    詳しくはこちら

  • M.コロンちゃん

     1週間ほど前から息が荒く、嘔吐しており、最初の病院で肝臓が悪いと言われ入院しました。しかし、改善されず、ぐったりしているので、別の病院で診察、検査を受け、胃に水が溜まっていると言われたので、当院に来院されました。
     CT検査の結果、ひどい胆嚢炎から、胆嚢が破裂しており、死亡の危険性があるため、緊急で胆嚢を摘出する手術が行われました。
     手術後も元気がなく、ぐったりしていましたが、徐々に回復して、食欲も戻り、すっかり元気になり退院されました。
    良かったね♥ おめでとう!

    *CTについてはこちらをご覧ください。
    *超音波メスについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • M.はっちゃん

     糸のついた長い縫い針を飲んだと来院されました。
     レントゲン検査をした結果、頚部食道のあたりに針がうつり、内視鏡で食道内に無いことを確認し、頚部食道付近の筋肉組織から埋まっている針を手術で摘出しました。
     手術をした後は食欲もあり、元気に退院されました。
    良かったね♥ おめでとう!

    *内視鏡についてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

HOME >  病院紹介  > 動物看護師ノート

看護ノート