和歌山動物医療センター

和歌山県岩出市の和歌山動物医療センターでは犬、猫、小動物の予防接種、去勢手術を行っています。

病院紹介

  • M.マミちゃん

     最初に行った病院で、ひどい嘔吐のため診察を受け、消化管内異物の疑いもあり、転院。
    次の病院でも消化管内異物の疑いで継続治療しましたが改善がなく、内視鏡での異物摘出依頼で、その病院からの紹介で来院されました。嘔吐も激しく、確かにレントゲン写真では、多量のガスが見られ、内視鏡検査しましたが、異物は発見されませんでした。ただ、胃の入り口の所にひどく腫れている部分があり、腫瘍の疑いもあったので、十二指腸から胃の内部まで数カ所バイオプシーを行いました。念のため、小腸から結腸にかけては、造影検査を行いました。
     幸い組織の検査結果は大丈夫で、造影検査も問題はありませんでした。数日の入院治療により、元気に退院しました。
     紹介の先生も、一緒に喜んでくれたそうです。
    良かったね♥ おめでとう!

    詳しくはこちら

  • A.ヴィとんちゃん

     A.ヴィとんちゃんは、13歳という高齢で交通事故にあい、肺挫傷、膀胱破裂のため外傷性ショック状態で、グッタリ横になって来院しました。
     腎数値は極端に上昇、GOT 、GPTもオーバーで希釈しないと計測不能なくらい重体でした。
    透析と緊急手術で、5日間入院し、血液検査数値も正常になり血尿も止まって元気に退院しました。
     今日は抜糸のために来院しました。
    良かったね♥ おめでとう!

    詳しくはこちら

  • D.まろんちゃん

     裂孔ヘルニアとは、胃の一部が胸の中に入ってしまう病気で、誤嚥性肺炎を起こしていたりして、状態が悪く死に至ることもある病気です。
    大学病院でも手術するのは、稀だそうです。
     D.まろんちゃんは、誤嚥性肺炎を起こしていたので、食後はいつも抱いて体を立ててあげて、誤嚥しないようにしてあげていました。
     Dr.Mark.C.Rochatのアドバイスを取り入れて、無事終わりました。
    手術後は健康な仔犬と同じように、食後に抱っこしなくてもよくなり、元気に退院していきました。
    良かったね♥ おめでとう!

    詳しくはこちら

  • N.ベティちゃん

     食欲・元気がなくて来院されました。
    血液検査・レントゲン検査・エコー検査にて、脾臓に大きな腫瘤があることがわかりました。また、乳腺にも腫瘤があり、脾臓の全摘出手術と乳腺の摘出手術を行いました。
     病理組織検査の結果は原因不明の脾臓の血腫及び出血と乳腺は複合癌でしたが、術後は経過も良く、元気に退院されました。
    良かったね♥ おめでとう!

    詳しくはこちら

  • 後継者ニタマにエール『たま超える駅長に』

     たま駅長の後継ニタマは、和歌山電鐵貴志駅(紀の川市)で11日に行われた辞令交付式で小嶋光信社長から「たまⅡ世駅長」を任命されました。新駅長の姿を見ようと約500人が詰めかけました。
     普段は動き回ることもあるニタマは、この日は落ち着いた様子。小嶋社長は「立派。これでニタマも根性を据えて職務に励んでくれる」と笑顔を浮かべ、「これまで部下としてよくたまに怒られていた。認められていないのかと思っていたけれど、今考えると、たまからの叱咤激励だったのでしょう」とユーモアを交えて語りました。

    詳しくはこちら

HOME >  病院紹介  > 動物看護師ノート

看護ノート