和歌山動物医療センター

和歌山県岩出市の和歌山動物医療センターでは犬、猫、小動物の予防接種、去勢手術を行っています。

病院紹介
HOME >  病院紹介  > 動物看護師ノート

  • K.チョーちゃん

    二軒の病院で診察をしてもらって、輸血もしてもらったが良くならないということで、その病院の先生の紹介で当院を受診されました。
    来院時、ひどい貧血状態だったので輸血をし、検査の結果が出るまで注射・点滴で治療を続けました。
    検査の結果は、バベシアとクームス試験陽性でした。
    食欲も戻ってきたところで地元の病院に帰れられました。
    良かったね♥ おめでとう!

    詳しくはこちら

  • N.ナナちゃん

     平成29年6月に『喉と腰にしこりがある。』と来院されました。
     どちらもリンパ節が腫れていて、細胞診を行った結果、リンパ腫だと判明し、抗癌治療をすることになりました。
     未治療の場合、平均生存日数が4~6週間の病気ですが、ナナちゃんは、抗癌治療を始めてもうすぐ1年です。このまま問題なければ抗癌治療は一旦終了となります。
     あと少し、頑張ってください!

    詳しくはこちら

  • U.モカちゃん

     急に食欲がなくなり、血液検査をしたところ、腎臓の数値が悪かったので、しばらく通院することになりました。
     腎数値の改善を認め、徐々に元気になってきましたが、次は急に足がもつれ、再び食欲、元気もなくなったので、さらに詳しく検査を行いました。
     ホルモン検査を行った結果、アジソン病であることが判明しました。 通院点滴と併せて処方食への切り替えと、内服も服用してもらい、アジソン病の治療も加えてからすごく元気でいてくれています。
    良かったね♥ おめでとう!

    詳しくはこちら

  • K.ハクちゃん

     K.ハクちゃんは、排便、排尿困難のため、来院されました。
    検査の結果、多量の尿道・膀胱結石が認められ、手術となりました。
    臨床症状も改善され、元気に退院されました。
    良かったね♥ おめでとう!

    詳しくはこちら

  • T.たまちゃん

     3年近く前にひどい腎不全を発症し、地元の先生から『難しい状態だから、打つ手はないので、もう様子を見るように。』と言われ、何かしてあげることはできないかと、血液人工透析をしてほしいと来院されました。
     非常に検査結果も悪く重体でしたが、数回の血液透析と、併せて注射・点滴、内服、強制給餌等の治療を行い、元気になって退院されました。
     その後、入院するときもありましたが、今は安定していて、自宅での内服と、定期的な通院で、元気にされています。
    良かったね♥ おめでとう!

    詳しくはこちら

看護ノート